投稿キャンペーン

福岡県北九州市 七重の滝溯行。

土曜日は暇だったのでべべちゃんと小倉南区頂吉にある鱒淵ダムの源流「七重の滝」へ行ってみた。
この所雨が降っていないにもかかわらず水量はなかなかの物!
ダムの堰堤横に車を止めて30分程遊歩道を歩く。
綺麗に整備された遊歩道には赤い吊橋が掛かりそれを渡って対岸へ。まだまだ歩くのでチャリがあると便利。
丁度お昼頃に入渓。
沢は遊歩道から直ぐで標識も出ている。
登山道が沢沿いに付けられているのもありがたい。
直ぐに入渓出来るがしばらく登山道を歩き沢の右岸川原から入渓する。
ゴーロの続く平凡な谷だが腰位の釜や小滝が続き足慣らしには丁度良い。
岩が黒っぽいので谷が少々暗いのが残念だが夏の暑い盛りには涼しくて良いのではなかろうか。
小滝の連続やナメを楽しみながら数分歩くと登山道の交差する橋をくぐる。
赤い橋の先からゴルジュの始まりで橋の下には深い釜があるが橋桁のコンクリートを伝うと濡れずに行ける。
これをくぐり目の前にある2m程の滝を軽く越えると目の前に綺麗な斜滝が映る。ここまで約10分。
「一の滝」には深い瀞があり泳いで取り付く。直登も可能だが一般的に登られている右岸の壁を登る。
「二の滝」にも深い釜がありここも泳ぐが左岸に取り付きへつり気味に水線から左へ入り直登。なかなかバランスが悪く面白い。一般的にはそのまま右の水線際を登る様だ。
「三の滝」にも釜がありこれは左岸をへつり濡れずに取り付ける。そのまま右壁を快適に登れるが滝を直登した方が面白い!
ここまで「一の滝」から10分で4~8mの釜を持つ滝が連続して息つく暇も無い。
「四の滝」は直角に折れ曲がりハングを落ちるくの字形となって頭上から降り注ぐ。
暗いゴルジュは威圧感を感じるが滝下部は傾斜緩く手掛かりも豊富なので落ち口の見える所まで登り楽に落ち口に立ちナメ状の滝頭へ一気に登り詰める。
「五の滝」は浅い釜で右岸をへつり濡れずに取り付きそのまま水線を快適に登れる5m程の滝。
ここまで駆け足の様な滝のオンパレードだったが一段落して傾斜が緩みナメとなる。辺りの樹林は自然が多く残り気持ちが良い!
ナメを快適に歩き頭上開ける所で5m程の綺麗な斜滝「六の滝」が現れる。これも快適に直登すると直ぐ先から轟音が轟く。
「七の滝」はこの沢のハイライト!高さは10m程で直登するには滝を横切るシャワーを強いられ面白い!
強烈な水圧の中を強引に突破するが手掛かりは豊富なのでこれを巻くのは溯行とは言えないだろう。
今回は全ての滝をソロで直登したがプロテクションを取りながらロープを出して登れば良い練習になるだろう。
下山中のハイカーに拍手を貰い気持ち良く「七の滝」を越えると平凡な渓相となりいくつかのナメを快適に歩いて行くと登山道が横切る。
右岸に出合う登山道を取り途中必要の無い鎖場を通過して20分程で入渓地点に戻る事が出来る。
登山道は快適であるが所々崩れている箇所があるので気を付ける。
この沢には左俣もある様で来年の足慣らしに右俣の溯行図を作りながら左俣も溯行してみたい。
川原でサンダルに履き替え行きに歩いてきた遊歩道を30分程歩く。
拍手をくれたハイカー達と楽しくお喋りしながらアッと言う間に車へ辿り着きお昼御飯を食べに行く。
車に戻ると雨が降り出しギリギリセーフだった・・・
途中で「こうのとり」に立ち寄りシュークリームなぞを買い「ぎょらん亭」でラーメン。かなり旨し!チャーシューぶ厚く感激。

溯行 50分

下山 30分

行動 2時間ちょい。

投稿者 ぼっち。
■  [PR]



by heppokosawadoujin | 2010-10-02 11:00 | 沢登り

へっぽこなりに水との戯れを楽しむ基本直登の沢登記録です。
by heppokosawadoujin

お気に入りブログ

ブログパーツ

おすすめキーワード(PR)

ファン

ブログジャンル

画像一覧

XML | ATOM

skin by excite